Vine Linux開発者ガイド

概要

Vine Linux の開発にはだれでも自由に参加することができ、必要とする人が必要とするものを作り上げる自由なオペレーティングシステムです。

Vine Linux 開発者になるには特別なスキルが必要なわけではありません。Vine Linux に要望を持つ人、私家版パッケージを作っている人、設定に戸惑った経験を Blog にしている人なども歓迎します。是非、我々と一緒にVine Linuxを作り上げましょう!

このガイドでは、Vine Linuxの開発への参加方法と開発において注意すべき事項について説明します。


目次

1. Vine Linux開発への参加形態
1.1. パッケージのテスト
1.2. パッケージの作成・更新
1.3. ドキュメントの作成・更新・査読
1.4. パッケージの翻訳
1.5. セキュリティー情報の収集・対応
2. Vine Linuxの開発に参加するには
2.1. まずは交流から
2.2. 開発者アカウントの発行
3. パッケージ作成のための基礎知識
3.1. 更新パッケージの提供期間
3.2. VineSeedについて
3.3. 収録可能なパッケージのライセンスについて
3.4. パッケージが属するカテゴリについて
3.5. リリース済みVine Linuxのメンテナンスポリシー
3.6. SPECファイルのバージョン管理について
4. パッケージ作成環境の構築
4.1. 環境設定
4.2. vbootstrapパッケージのインストール
5. パッケージ作成から公開までの流れ
5.1. パッケージを作成・更新する前に
5.2. パッケージの作成・更新
5.3. パッケージのテスト
5.4. パッケージのアップロード
5.5. パッケージ作成・更新のアナウンス
5.6. バグ報告への対応
6. Now Printing!
A. gpgコマンドの使用方法
A.1. GnuPG鍵対の生成
A.2. 鍵束内の鍵一覧を表示
A.3. 鍵の Fingerprint (電子指紋) を表示
A.4. 公開鍵のエキスポート
A.5. 公開鍵サーバへの登録
A.6. 参考リンク
B. GnuPGのGNOMEフロントエンドSeahorseの使い方
B.1. GnuPG鍵対の生成
B.2. 鍵の Fingerprint (電子指紋) を表示
B.3. 公開鍵のエキスポート
B.4. 公開鍵サーバへの登録
C. VineSeed環境の構築要領
D. 開発を継続できなくなった時には

図目次

1.1. SummaryやDescriptionが英語のままになっている例
B.1. 初回起動時のSeahorse
B.2. 新しいアイテムの生成
B.3. 新しい PGP 鍵
B.4. 拡張オプション
B.5. 新しい PGP 鍵のパスフレーズ
B.6. 鍵の生成中
B.7. 個人の鍵
B.8. ポップアップメニューからのプロパティの選択
B.9. 鍵のプロパティ(所有者)
B.10. 鍵のプロパティ(詳細)
B.11. ポップアップメニューからのエキスポートの選択
B.12. 公開鍵のエキスポート
B.13. 鍵の同期
B.14. 設定
B.15. 鍵の同期(公開先設定後)
B.16. 鍵の同期中...

表目次

2.1. IRC設定情報
3.1. カテゴリの種類
5.1. BTSプロジェクト識別子の種類

例目次

5.1. rpmによるアンインストールのシミュレート
5.2. apt-getによるアンインストールのシミュレート
5.3. パッケージへの署名
5.4. パッケージへの署名の検証