付録C VineSeed環境の構築要領

[重要項目] VineSeedはアルファ版です

VineSeedはアルファ版であり、様々な問題があることを御了解ください。特にリリースバージョンからのアップグレードや、逆にリリースバージョンへのアップグレードに支障がでる可能性があります。またパッケージ構成もダイナミックに変わる可能性があります。正常にインストール出来ない場合や、アップグレードで重要なパッケージが動かなくなる可能性もあります。単純に利用のみの目的ではお使いにならないことを推奨します。

以下にVineSeed環境構築の一例を記述します。この例では、コンソールベースでの作業がメインとなります。日本語出力を抑制するために、適宜、言語を変更するなどしてください。

$ export LANG="C"

また、ほとんどのコマンドの実行にroot権限を必要とします。

  1. Vine Linuxの最新リリースバージョンを「ベースシステム」でインストールします。(パッケージグループの選択の際には、「基本構成」を選択します。)

    インストール後、初回起動時にはネットワークデバイスが無効となっているため、nfs関連サービスの起動に失敗し、ログインプロンプトが出るまで時間がかかります。(Vine Linux 5.2で解消される予定)

  2. ログイン後、ネットワークを起動します。

    # /etc/init.d/network start

    次回起動時以降もネットワークが起動するように以下のコマンドを実行します。

    # /sbin/chkconfig network on
  3. apt-getコマンドを利用してErrataを適用します。

    # apt-get update
    # apt-get upgrade
    
  4. 再起動後、システムが正常に動作するのを確認します。

  5. APTによるパッケージの取得先を修正するため、ディレクトリ/etc/apt/sources.list.d/以下の全てのファイルをvim等のエディタなどで編集します。

    例えば、Vine Linux 5.1の/etc/apt/sources.list.d/main.listには、次のような行が含まれています。

    # (master)
    rpm     [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 5.1/$(ARCH) main updates
    rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 5.1/$(ARCH) main updates
    

    #で始まる行はコメントとして扱われ、設定には影響しません。

    この例では、5.1/$(ARCH)となっている部分を全てVineSeed/$(ARCH)に変更します。

    これら設定ファイルの詳細は、次のようにしてsources.listのマニュアルを参照してください。

    $ man sources.list
  6. APTを更新します。

    # apt-get update
    # apt-get install apt libxml2
    
  7. グラフィカル環境が必要な場合は、以下の例を参考にしてインストールしてください。

    # apt-get install task-xorg-x11 task-gnome
    

    task-gnomeの部分は、GNOMEを使う場合です。

    好みの日本語入力システムもインストールしておくと良いでしょう。

  8. システムをアップグレードします。

    # apt-get update
    # apt-get dist-upgrade
    
  9. 8

    E: Unable to correct problems, you have held broken packages.

    のようなメッセージが出た場合は、個別にパッケージをインストールします。

    # apt-get install package1 package2 ...
  10. 7でグラフィカル環境をインストールした場合は、/etc/inittabを修正します。

    # cp -p /etc/inittab /etc/inittab.org
    # cp -p /etc/inittab.sysv /etc/inittab
    

    必要に応じ、デフォルトのランレベルを編集してください。

  11. システムを再起動します。

[注記] 依存関係を解決できない場合には

9のような状況に遭遇した場合、BTSで同様の問題が報告されていないか確認の上、新規レポートを作成してください。

新規レポートを作成する際は、分かる範囲で以下のような情報を含めてください。

  • 使用しているコンピュータの詳細(CPU、メモリ容量など)

  • 入力したコマンド・操作の流れ

  • 具体的なエラーメッセージと前後の出力